2020年03月07日

ミクロの決死隊

 臨床麻酔を行う上では、普段はあまり感染症学、特にウイルス学を重要視することがないのですが、現在の医療現場を取り巻く状況を考えると、復習の必要性があります。そもそもコロナ等風邪症候群を引き起こすウイルスはどこから侵入するのか?いきなり下気道から入り込んでくるわけではなく、上気道粘膜からです。そのためそのバリアとして私たちは鼻を活用していると考えられます。普段の私たちが健康でいる間にも鼻粘膜や咽頭粘膜で、ウイルスと私たちの防御機構が戦闘を続けていると考えます(ミクロの決死隊?)。まずウイルスにとって、最初の防御壁となるのは何か?鼻汁(鼻汁)でしょうか?緑膿菌も鼻汁に類似したバイオフィルムを作り、保護外套としているのですから、鼻汁のねばねばも物理化学的な保護効果があるものと考えます。鼻汁内には抗ウイルス作用を持つといわれるラクトフェリンやNOが含まれています。適度な運動は感冒予防となるともいわれますが、運動により呼気中のNOは増えますからあながち間違いでもないのかもしれません(NOのタイプにもよると思いますが)。ウイルスが上皮にとりつくには細胞表面の受容体が必要そうです。宿主側の反応としては、Toll様受容体を介しウイルスの一部をPAMPsと認識し、サイトカインの放出とそれに引き続く細胞性、液性免疫の活性化がおこるものと考えます。この反応が十分であれば、ウイルスのコピー放出を抑制し、下気道感染を防止する可能性を高めるものと考えられます。下気道となると上皮が組織生理学的に上気道と異なりすぎていて、もちろん同様には考えられないのが悩ましいところと思います。

では上記の抗原提示→認識→免疫応答を増強させるのに手っ取り早い方法は何かと考えると、単純に局所体温の上昇を考え付きます。また粘膜上でのウイルスの侵入量を減少させる簡便な方法として加湿が挙げられると思います。ということは上気道におけるウイルス感染防止の最も安価な方法は上気道の加湿保温という、当たり前の結論になりそうです。現況のマスク不足を鑑みると、マスク以外での上気道加湿加温保護を考えた方がよいのではと個人的に思います。

      平田 学



mh5963ya at 12:01|PermalinkComments(0)

2020年02月24日

暖かい環境

 マスクはウイルスの気道感染防御にあまり役に立たないと言われていますがそうでしょうか?マスクをすることによって気道内は加湿される可能性があり、ほとんどのウイルスは湿気が苦手だったと記憶しています。そして新型コロナウイルス罹患はインフルエンザ罹患より発熱期が長いのでしょうか?ウイルスに対抗するための発熱機構を障害するためなのかそれとも宿主の免疫応答が強くなるためか?あるいは免疫応答系に擾乱をもたらしているのか?宿主防御に発熱がプラスであるなら体温を上げることが予防の一つになるのではないでしょうか?そのウイルスが嫌いな高温多湿の環境が家の中にあるのを私は知っています、浴室の湯ぶね。

私はインフルエンザと診断されたのは生涯一度しかないのですが、タミフルを内服し始めた後も筋肉、関節痛が強く、ウイルス血症が存続していると自己判断しました。体温が37℃台となりましたが、まだ筋肉痛が継続していたため(アセトアミノフェンで発熱がマスクされてしまったのか)十分な水分摂取をし、脱水を防止しながらお風呂につかり、やっとこさ38℃の体温を得た記憶があります。筋肉関節症状は3日目には消失したと記憶しています。

 では非罹患時に入浴は体温をいか程あげてくれるのでしょうか?試してみました。3日間ほぼ入浴前の体温は35.5(私の腋窩温の測り方が悪いのかいつもこれくらいです)1日目42℃で15分→35.8℃、2日目43℃で15分→36.0℃、3日目44℃で15分→36.1℃。循環負荷がかかりすぎない様

脈拍数が120を超えるようなら中止しようと思いましたが、そこまでは上がりません。なかなか非発熱時にクリティカルなレベルまで体温を上げるのは難しいものですね。暴露時間が短すぎたのか?ある論文で運動負荷(30分間の自転車こぎ)後の体温を測っていて、深部体温で37℃台という結果でしたから運動負荷後に入浴(脱水を補正しながら)し、効率的に体温を上げるというような方法も試してみたいと思います。

 ウイルスが不活化される体温までいかなくても、平熱時から一度でも体温を上げることにより細胞性免疫はかなり活性化されると聞いています。

入浴という方法は、寒い冬に猛威を振るうウイルスに対する昔の人の知恵が詰まった贈り物なのではないのかなという気がします。

 新型コロナの件が治まったなら、久しぶりに温泉に行くのもよいかもしれません。

                  平田 学



mh5963ya at 04:55|PermalinkComments(0)

2020年01月26日

一富士

 新年を迎え、今年の抱負も立てぬままにすでに1か月。このままだと、気づいたときにはお盆過ぎになっていそうです。雪を見ないまま春を迎えるのでしょうか?それとも西日本の日本海水温が特に高いままと聞いているので、断末魔のような強い寒気が最後に入ってくると、西日本で夏の集中豪雨のような突発的な大雪となる可能性があるのでしょうか?

  抜管後上気道狭窄について調べる機会があり、4年ほどの気管挿管下全身麻酔症例についてざっと確認してみました。統計は当科のM先生に出していただいたのですが、13000例ほど挿管管理例があり、そのうち再挿管例15例で、喉頭痙攣等上気道閉塞が原因のものは6例。かなり少ない印象です。私たちの匠基質の賜物でしょうか???

 匠といえば、年末に買ってきた吉野の柿の葉寿司、なれればなれるほど匠の味が醸しだされます。

DSCN0906

 その味にお酒が進み、除夜の音も聞かずに寝落ち、初夢は(大晦日に見ているかもしれないので初夢イブか?)

DSCN0916

良い年になりそうです。

 4月からは3年目のフレッシュマンが2名、匠の技を伝承することができるでしょうか?

 

                平田 学



mh5963ya at 21:41|PermalinkComments(0)