2017年11月12日

がんばれ、サンダーバード

 全く麻酔から離れた話。

 今年は北陸に出張で出向くことが多かったのですが、残念だったのは、台風に2回ともやられたこと。8月初旬、出張業務後、午後から北陸線が雨で止まってしまったため帰洛することができず一泊して翌朝帰る予定としました。しかし翌朝になっても回復せず、サンダーバードが動きはじめたのは結局15時。高速バスも不通となっていました。午後には帰る必要性があったため、仕方なく金沢から東京を経由し、京都へ。新幹線の乗り継ぎとなり大打撃。

 そして油断していた10月。この時は湖西線の運転回復の見込みが立たない上に敦賀-長浜の北陸線も大雨のため不通。福井にいましたが、その日のうちにオプションの多い金沢まで移動することとしました。しかし普通列車は最徐行運転でなんと金沢まで3時間半。おでんでも食べて寝ようと思っていた思惑が完全に外れました。この時も翌日のサンダーバードが運転再開したのは7時を過ぎてから。北陸新幹線は平常運転、やはり在来線には脆弱性があると思います。

 秋になり京都は外国人観光客であふれています。他の人気スポットは富士山、大阪あたりでしょうか?金沢も外国人観光客が増えた気がします。私が外国人観光客なら、成田に入国したのち12日目は東京のメジャースポット巡り、3日目は静岡で富士山展望、4日目は大阪観光、5日目は京都観光、6日目は金沢に移動観光。7日目東京で買い物後出国というようなスケジュールを立てたいところです。現実的でない理由は京都-金沢間が在来線特急で時間のロスがあること。この区間が新幹線でカバーできれば移動時間をかなり短縮できます。逆にこの区間が新幹線で結ばれていれば、このような周遊ルートを利用する外国人観光客は多いのではないかと想像します。

 現行の在来線特急サンダーバードは私の最も好きな列車です。列車に乗るだけで、北陸の繊細な季節感を味わうことができます。ただ北陸、関西の利益のため、さらに大規模災害時のリスクマネージメントのため北陸新幹線は新大阪までの前倒し開業が望ましいと思います。難しければ、京都駅までの暫定開業を行い、少なくとも東海道新幹線との接続をはかるべきと思います。

 財源は?いつも問題となります。公共工事にどうかといわれるでしょうが、寄附ではないでしょうか?もし自分が寄附した路線の設備、例えばトンネル、橋梁、橋脚等に自分の名前やメッセージが入れられるなら、私にとってはこんなにわくわくすることはないと思います。愛着がわくでしょうから、開業した後も頻回にその周辺駅に新幹線を使って訪れるでしょう。わがんち新幹線です。もちろん寄付金では新幹線の莫大な建設財源を賄うことはできません。しかしそのような動きはより大きな流れをつくるかもしれません。

 もし北陸新幹線が新大阪、あるいは京都までつながってしまうと残念なことが起こります。サンダーバードの廃止です。名前だけでも新幹線の呼称名に残してほしいと思います。

ただ、今残念なのは、現在サンダーバードの車内販売が行われていないことです。以前は時間ギリギリに駆け込んでも、社内で敦賀の鯛の舞や福井駅の“越前かにめしが買えました。

これを途中下車しなければ買えないのは楽しみ半減です。もし途中駅の駅弁を大阪、新大阪、京都駅構内で買えるなら、購買意欲を掻き立てられないことはないと思います。早めの上り列車で移送し、販売することはできないのでしょうか?サンダーバードには当地の駅弁がよく似合うと思います。

 

                       平田 学

 

 



mh5963ya at 22:58|PermalinkComments(0)

2017年10月09日

秋眠暁を覚える。

 最近は23時には就眠し、6時に起床するという健全な就眠習慣がついておりました。が、本夜は3時に目が覚め、さらに冴えてしまい、東雲をみる時間となっていました。9月の周術期懇話会の際、PGDTについて話させていただいたのですが、よくよく考えると、その効果が何に起因するか、自身でほとんど理解していないのではないかという結論に達しました。わかっているかのように水は漏れるものと改訂スターリング式を持ち出してもったいぶって説明していましたが、これは血管内外の静水圧較差と膠質浸透圧較差に平均0.3mmHgのポジティブな差があることを示せば、難解な図を出さなくてもすんだと思われます。

その根本は血管内皮の生理学的および解剖学的特性。そうなるとやはりグリコカリックスの再考は必要。その凝血学的な特徴については詳しくありませんでしたが、GAGにはATⅢ結合部位があり、DIC惹起と進展に深くかかわっているようです。ということは、その分野の知識集積も必要。そしてリンパ系の役割。生理学の本には、間質からリンパ管経由で静脈系にもどる水は13000ml、ところが必要時には12000mlまで増えると書いてあります。この最大能力が発揮できれば死亡率を上げるであろう30004000mlの術中オーバーバランスでも問題ないはずです。否、術後の体重計は正直で、3kg以上増えているでしょう。リンパ系の機能が落ちるのは間質浮腫によって微小リンパ管の機能が落ちる(CVP上昇に伴う腎障害に似ている?)。そして炎症によりリンパ管内腔にも存在するグリコカリックスが障害されるのかもしれません。

  そういえば、緑膿菌が作るバイオフィルムにもグリコカリックスが含まれていたような気がします。単細胞と高等動物が同じ盾を用いながら鬩ぎ合っているとは。グリコカリックスは太古からの守り神なのかもしれません。

 

 

                  平田 学



mh5963ya at 06:34|PermalinkComments(0)

2017年09月25日

馬肥ゆる秋

充実した週末でした。金曜日夜は京都周術期モニタリング懇話会, 初回がエドワーズライフサイエンス社の協力で行われました。私が勤務した京都第一赤十字病院の外科, 麻酔科の先生方そして現勤務先である京都第二赤十字病院の外科の先生方そして当科という病院間, 診療科間コラボという形で進めさせていただきました。今回は初回ということで周術期輸液、特に術中輸液につき, 私のほうから麻酔科医としてどう考えているかを提示させていただきました。クリッカーを使った即時アンケートも併用し, 盛り上がったと思います。今回は外科系診療科の代表として外科の先生方のみにお声がけをしましたが, 次回からは手術に携わる診療科すべてに関わっていただいて, 議論が深められ,交流が深められればと思いますし, 同様な意見が参加いただいた先生にも多かったとお聞きしています。

 

土曜日はさいたま市で行われた日本急性血液浄化学会総会に参加。第一日赤の懐かしい方々がいました。腎臓内科とMEさんの血液浄化グループ。MEOさんはその道では重鎮になっておられ, シンポジウムにも出ておられました。また腎臓内科のN先生はBPAにエントリーし、見事に賞を受賞されました。私はもちろん何もしておりませんが, 非常にうれしくまた誇らしく思いました。一般臨床病院においてできる検査も限られているのに, 細かくデータを取られ, 丁寧に解析をされた。まさしくN先生の性格がにじみ出た発表であったと思います。近い将来第一日赤の血液浄化グループと勉強会などが施行でき, その中で私たち麻酔科医が疎いことの多い, 敗血症やその結果であるMODSの治療ツールとしての血液浄化法につき教えを乞うことができれば、有意義なものとなると考えます。

 

日曜朝は大宮を出発し東京駅構内の京葉ロードへ。ここには最近はまっている東京ミルクチーズ工場の販売店があります。ポルチーニ茸がはいっており、ワインのあてになります。

ふとみると前にはキャラメルウィッチのお店があります。行列ができることもあるのに,全く苦労せずにゲット, ラッキーでした。

新幹線に乗り込み,嵯峨野線をのりついで二条の京都府医師会館で行われている京都医学会へ。高齢社会における救急医療についてのシンポジウムを聴講しました。講演内容も興味あるものでしたが, 実は日本専門医機構の共通講習単位が取得できるのです。有賀先生の特別講演に間に合えば, 救急の専門領域単位も取得できたのですが, 残念ながらこちらには間に合いませんでした。

 

 秋の学会シーズンとなります。行くからには馬肥ゆる秋のことわざのごとく, 知識も積極的に摂取していきたいと思います。夏に増えた体重は季節を先取りしておりますが・・・

 

                       平田 学



mh5963ya at 04:38|PermalinkComments(0)