2018年04月15日

カン違い

 2年かかりましたが、やっと麻酔科外来開設にとりかかることができました。まだトライアルですが、PFM(patient flow management)の流れに合わせながら、拡大できればと思います。また、究極的には周術期管理への展開、そのなかにperioperative pain managementの実践や緩和医療への協力が可能となればさらにやりがいを感じることができるのではと考えます。

 血管内皮障害マーカーについてしっくりいかず、ぼちぼちと読んでいます。Journal of Clinical Cellular Immunologyから  Endothelium as A Part of Septic Multiple Organ Dysfunction Syndrome (Mods)- Is Endocan an Answer? エンドカンはendothelial cell specific moleculeESM-1と同じで、炎症下血管内皮細胞や脂肪細胞(この脂肪細胞でも産生されるというのが、また慢性炎症につながりそうなユニークな特徴に思えるのですが、きっと高脂血症やCKD等の慢性炎症病態に活用されるに違いない)で産生されるプロテオグリカンです。このペーパーでは多臓器不全時の血管障害マーカーとして重要視されており、重症度や予後と相関すると述べています。ただ迅速性についてはあまり言及しておらず、予後判定には役立ちそうだが、早期マーカーとしてどうなのかという疑念はあります。シンデカンがグリコカリックスに常態しているのに対し、エンドカンが炎症時に多く発現するというのも気になります。普通に考えて、血管内皮障害という病態を鑑みると、最初に起こるグリコカリックス障害に注目しなければならない。そうなると常態的構造物であるシンデカンのほうがグリコカリックスの早期障害マーカーとしてはふさわしいような気がします。

 まだ文献を読み深める必要性があります。ただエンドカンの脂肪細胞でも産生されるという性質は心くすぐられる要素になりそうと感じます。

 

 桜の季節も過ぎ、もう早夏到来の予感。古都は葵祭りを迎えますが、緑の勢いに負けず、背伸びしていきたいと思います。

 

                                            平田 学

 



mh5963ya at 03:24|PermalinkComments(0)

2018年03月05日

新な武器

やっと、今週、masimoRoot(TM)を導入できそうです。

 皆さんは重症症例の迅速導入(RSI)で、導入中のSPO2の低下がないのにも関わらず、気管挿管後にPVCが頻発したりSTの変化を認めたりして肝を冷やしたことはないでしょうか?教科書通りの話ですが、SPO2の低下はSPO2の低下からかなり遅れます。Root(TM)では酸素化予備能指標を確認することができるため、RSI時の呼吸安全性のさらなる確保に貢献する可能性があると考えます。

 また静脈麻酔と吸入麻酔時の鎮静差異について、研修医の先生に理解いただくのはなかなか難しい側面があるのですが、SedlineDSA表示を参照することにより、視覚的に説明を行うことができると考えます。

  もちろん興味深いPerioperative goal-directed therapy(PGDT)にも応用可能です。現状のPGDTプロトコールには抹消循環指標を含むものはあまりありません。抹消血管抵抗を用いる場合、中心静脈圧の測定が必要となりますが、そのためだけに侵襲的な中心静脈カテーテルの挿入は行えません。体血管圧に比し中心静脈圧は低いので、CVPの仮想値を用いSVRを算出するのも手ですが、正確とは言えません。Root(TM)では潅流指標(Pi)が表示されるので、これを末梢循環の指標とできる可能性があります。

さらに推定ヘモグロビン値、酸素含量が測定できることも味噌です。私たちが一般に行っているPGDT目標は最も適切な心拍出量をあてていることが多いのですが、フロートラックシステム(TM)等のAPCOを測定できるシステムとRoot(TM)で測定できるパラメータを組み合わせることにより、より組織酸素代謝に反映されやすい酸素供給量を推定することができ、これをより精緻な目標とすることができると考えます。

 RooT(TM)は新な武器となり、さらにきめの細かい周術期管理が可能になると思います。

 

                            平田 学



mh5963ya at 06:03|PermalinkComments(0)

2018年02月26日

易訪人

 最近自身の記銘力低下を認識することがあり、原因を探ってみました。抑うつ症状はないか→全くなし、逆にまわりに煙たがられるほどである。眠れているか→質の評価はできていないが毎日8時間近く眠れている。運動は→これか!

 

 ということで、土曜は時間をかけて歩いてみました。13:00丸太町出発。途中烏丸一条の虎屋さんに寄ったあと(雛菓子を探しているといわなければならないところ、雛あられと言ってしまい、お店の方に?マークが出ていました)、鞍馬口のスーパー鞍楽さんへ。ここの鶏肉は関西の地鶏を使っていて、大好きな味です。それと鶏肉に含まれるイミダゾールジペプチドには脳機能を回復させる効果があるとの話。そして頑張って北大路まで歩く。北大路橋の西詰めには長谷川というレストランがあり、ここのハンバーグが絶品であり、お弁当を注文したあと橋を渡る。北行して植物園を迂回した後、北山大橋東詰めに。ここからは鴨川左岸を上がります。まさしくサスペンスドラマの冒頭に出てきそうな風景を見ながら御園橋へ、ついに目的地の上賀茂神社へ。歩けました。なぜ上賀茂神社か?先日ある地方都市で散策をしているといい雰囲気の神社を見つけ、参拝しました。その名が別雷神社。調べてみるとその総本宮が上賀茂神社とのこと。不思議な縁もあり参拝させていただきました。すごく懐かしく感じました。大神神社、出雲大神宮、籠神社と同じような感覚で、すごく癒されました。

 

 帰りは鴨川右岸を下り北大路橋へ。長谷川で頼んでおいたお弁当を受け取ったあと地下鉄経由で帰宅いたしました。10km程でしょうか。ちょっと疲労感もありますが、達成感があります。普段の公園での散歩と違うのは、目的への道のりを頭の中で模索している最中に、様々な視覚、聴覚情報が入ってくることです。おそらくこれにより私の辺縁系は賦活化されたのだと思います。その近くには感情中枢もあるはずなので刺激され、楽しく感じたのだと思われます。振り返っても道のりを鮮明に記憶していることから、当たり前ですが、海馬を含む短期記憶回路にとって視覚、聴覚や運動に伴う位置覚変化等、入力情報が多いほうが活性化されやすく、そこに感情が加わるとその情報が固定化されやすくなるのではないかと考えます。試験勉強は鴨川べりを歩いてするのが有効かもしれません。

 かなり疲れて帰宅しましたが、夕食の鶏肉の効果のせいか翌朝は頭も体もすっきりでした。鳥は渡りのために抗疲労物質との話ですが、鶏も祖先の名残を有しているのかも(鴨?)しれません。

 

 たかだか10km程で遊歩の域を出ませんが、ちょっとした旅のように感じました。

 

                          平田 学

 

 

 



mh5963ya at 04:12|PermalinkComments(0)