2021年05月01日

ムシをムシできない

 ワクチン接種を終え、不思議だったのは若年者と中年層の反応の差。有意に昭和40年世代に全身性副反応が少ないように思われました。50歳を境として見事に有症状率に差があるように見える、これは私たちおっさんの自然免疫およびその後の獲得免疫応答が弱いせいなのでしょうか?私はそうは考えません、というより考えたくありません。確率的には若年者の中にも症状の弱い人がいてもおかしくないと思うのですが、ほとんどいませんでした。

ひょっとして私たち50歳台の幼少期の(衛生)環境が影響していたりするのでしょうか?私たちが小学生の時代は、今から考えるとおそらく季節性であると考えられる感冒症状が多発していました。集団登校真っ盛りの時代でしたが、必ず一冬に少なくとも2回は全滅していました。この中にコロナウィルスによるものが含まれていた可能性は高く、私は子供時代に何度もコロナ感染症に罹患していたと考えられます。これが環境によるものと疑う理由は、同おっさん世代でも都会のボンボンは「節々が痛い」と言ったり、「5年ぶりに熱出た」といっていたようなDrがいたことからです。

私たち中高年は慢性疾患にかかっていたり、その予備軍であったりします。そうなるとACE2系は障害されており、後者の機序で重症化しやすいというのは裏付けられます。実際に糖尿病患者ではACE2系は障害されているといわれており、矛盾しません。

  いわゆる変異株は重症化のリスクが高いそうですが、素人ながら若年者における重症化の機序と中高年の重症化の機序は異なるように思われます。前者は過剰な免疫応答の後のCARS様の免疫抑制と感染遷延に伴う多臓器障害のような病態が多いように愚考しますし、後者には全身性のACE2抑制に伴う急激なアンギオテンシン1-7産生低下による交感神経系-炎症亢進システム暴走がかかわっているのではないかと愚考します。

 

 コロナの治療薬としてイベルメクチンが有用視されています。駆虫薬ですが、実は他の駆虫薬にも期待できるのではないでしょうか?ジミナジンも駆虫薬ですが、アンギオテンシン(1-7)-MAS受容体のアゴニストでもあるようです。上記の中高年者の重症化機序が正しいならば、理論的にはこの薬がその抑制に寄与する可能性があると思うのですが。

 これら駆虫薬はその直接作用として病原体を障害する作用を有するとともに、宿主側には抗炎症に働くと思われます。そう考えると上記衛生環境に関連して、思いつくことが。

私たちの世代、小学校時代にはまだ寄生虫に対する駆虫薬を内服している学童もかなりいました。逆にこれらによる寄生が、私たちの免疫環境をマイルドに整えていた可能性もあり、これが中高年における重症化リスク抑える可能性があるのではと勘ぐってしまいますが、いかがでしょうか?

 

 以外と最終兵器は虫に由来するのかもしれません。

 

             平田 学



mh5963ya at 08:23|PermalinkComments(0)

2021年02月02日

新しいレトロ

 はるか30年程前の生化学の知識が今まさに応用されているとは。もっと興味を持って勉強しておくべきであった。レトロウィルスのホラーチックな逆転写の様式等が現在のウィルス感染症治療に応用されているとは。もう一度その当時の講義が聴けたら、一言一句ノートに激記したに違いありません。

 考えてみれば単純なこと。DNAの複製には厳重なチェック機能があるため変異が起こりにくい。よりRNAでは起こりやすいこと。レトロウィルスは逆転写の過程でエラーを生じやすく、その修正機構もないので、変異が起こりやすい。だからHIVに対するワクチン療法は有効とならない。SARS-CoV-2mRNAワクチンは細胞内でスパイクタンパクを作らせ、これに対して抗体産生を促すとともに、細胞性免疫も不活化するらしい。ただウィルス自体のスパイクタンパクを合成する領域に変異が起こる頻度は低いのだろうか?SARS-CoV-2HIVウィルスの変異頻度はほぼ同程度であるという記載も目にします。そしてHIVに比しSARS-CoV-2が蔓延している現状を考えると、総複製回数が増えているのは明白であり、エスケープするものが早期に出てくるのではないかと素人ながらに危惧します。

もちろん複製機序が違うので同一に扱えられるものではありませんが、HIVに対するワクチン療法が奏功しないのを考えると、今回のワクチンはどうか・・・ただ私個人は医療人としての責務より早期接種を受けるつもりです。

 やはり治療薬の開発でしょうか?SARS-CoV-2の標的はACE2で、ここに介入できる薬として、ARDS治療薬のヒト組み換え可溶性ACE2があります。これをおとりにして、ウィルスのタンパク合成を阻害するセリンプロテアーゼ阻害薬を取り込ませるというような治療薬の開発はできないのでしょうか?C型肝炎のワクチンが実用化されなかったが、のちに治療薬が開発されてかなり駆逐されたように、Covid-19も同じ運命をたどるのではないかと期待しています。

 感染流行の盛衰を俯瞰すると、社会的要因以外に気候学的要因が大きく影響している気がしてなりません。第1波は昨年45月。春から初夏の乾燥期にあたります。そして8月の第2波は灼熱の時期、私達の免疫能低下が要因でしょうか?高温多湿の期間でウィルス自体の活性は低く、長続きしませんでした。そして10月からの第3波、乾燥の時期に入ってから増え始め、12月に入り低温の影響を受けると急に活性が上がり感染者数が増えました。私達の体は極端な高低温に弱く、慣れて免疫機能が修正されるのに2か月程かかるように思われます。夏に比べウィルス活性が強いため、波は夏の第2波に対して高いのでしょうが第2波の増減傾向を考えると、2月の半ばには自然減していたのかもしれません。ただ冬のウィルス活性の強い時期はその波を小さくするため、社会的要因の影響排除がより重要となるのでしょう。

 ひょっとしたら、Covid-19の流行パターンは、他のウィルス同様気候要因がベースにあるのかもしれません。ただ社会的要因影響が他のウィルスと比べものにならないほど強いため、複雑になるのかもしれません。次は春の乾燥期、昨年と同様45月の第4波?到来に注意が必要かもしれない???

                 平田 学



mh5963ya at 09:54|PermalinkComments(0)

2021年01月02日

新年に思う

 昨年末は北関東で大雪となりましたが、これには日本海の高水温が関与していると聞きました。本冬は厳冬になりそうで、おそらく順調に日本海中部の温度は下がっていくと思われます。ただし、西部域においてはまだまだ高い傾向にある。となると1月末から2月にかけての最寒期には山陰から近畿北部で豪雪となる可能性が高いかもしれません。風の強さによっては四国や紀伊で大雪になる可能性もあるのでしょうか?上記の日本海側では夏のゲリラ豪雨のように雷や暴風を伴った集中豪雪となる可能性もあるのではないでしょうか?

2012年のPharmacologyPropofol Increases Angiotensin-Converting Enzyme 2 Expression in Human Pulmonary Artery Endothelial Cells という論文をみつけました。Vitroですが、プロポフォールがヒト肺動脈内皮のACE発現を増加させるとの内容で、ちょっと気になる内容です。もちろん臨床使用濃度でそのような効果があるとは考えにくいし、肺胞上皮上のACEの発現が増えるかどうかは疑わしいので、明日からできるだけプロポフォール麻酔は控えますとはしませんが、少し気になります。

Covid-19C型肝炎ウィルスと違い、エンドサイトーシスによってエンベロープごと

細胞内に取り込まれるものではないとのこと。となれば特異的プロテアーゼ阻害薬を効かせるとなると細胞内に入る前が効率的ということなのでしょうか?であると膜融合の前、プロテアーゼをエンベロープに作用させる前に介入するのがベストということでしょうか?もちろん薬剤の気道毒性や高分子をミストとして末梢気道にデリバリーするのが物理化学的にも難しいことを考えると、素人考えそのものです。が、何か良い方法はないのでしょうか?ウィルスにACEの偽物をつかませ、袋をあけるとプロテアーゼ阻害薬が出てくるといったようなだまし討ちができないものでしょうか?昨今のクロスカップリング技術で、ACEのデコイとプロテアーゼ阻害薬を有機結合し、これを肺胞上皮にコートするような治療はできないものでしょうか?不可能と思われたC型肝炎の治療が確立した今日、covid-19C型肝炎と同じ道をたどったなあといえる日が来ることを心待ちにしています。

 

                    平田 学



mh5963ya at 11:49|PermalinkComments(0)