2020年12月31日

チュー躇なくモー突進

 今年も残すところ12時間程。医局の運営を考えると、フレッシュマン2人の加入がおおいに影響を与えた一年でした。老犬が子犬と一緒になると元気になるように、私を含めたシニア達が活性化されたのは事実です。今年度の2人は麻酔科医としての基礎を作るべく、ベーシックな臨床技術の取得にあたってもらいました。麻酔科専門医取得に必要な特殊症例経験は小児例を除き、達成しました。今年度の傾向として、残念ながら小児例が少なかったのは事実ですが、両人とも残り10例程となっていますので、来年度の頭には達成可能と考えます。

 ポイントはその先、サブスペシャリティーを見越して、心臓麻酔研修、集中治療研修に

つなげてゆければと考えます。具体的には前者では人工心肺管理研修、後者ではICU研修でしょうか?何とか時間を作ってあげたいと思います。特にICU研修については今後当院で開設される可能性の高い、GICU創設の初期メンバー育成の目的もありますので、しっかりとした研修ができるよう、当院救急科や他施設との連携、協力が必要と考えています。

 私達シニア世代のブラッシュアップも必要です。私自身、周術期輸液の面白さに魅了されていますが、その知識は5年も遅れていると認識しています。例えば専攻医にperioperative-GDTの有用性根拠として血管内皮およびグリコカリックスに対する物理的保護作用を中心として説明してきましたが、昨今ではグリコカリックスの消退に大きな役割を果たすANPやアンギオポイエチン2などユニークな生理活性物質に焦点が合わされています。このような知見を取り入れて説明できるようにならなければ、私達臨床施設でも時代遅れとなるに違いありません。そうならないためにも師走晦日の誓いが、元旦に先んじて重要なのかもしれません。

 

                      平田 学



mh5963ya at 10:14|PermalinkComments(0)

2020年11月13日

呼吸ケアチーム活動中

 今週は呼吸ケアチームの一員として、気管挿管介助ワークショップに参加しました。私は当科専攻医と研修医の先生の協力をいただき、医師役として10,11日の2日間参加しました。感染対策に配慮しながら、30分程のショートレクチャーの後、基本3人の12グループが3回ずつのシミュレーションを施行しました。参加した病棟看護師さんたちは、シミュレーションの1回目こそ緊張されておりましたが、2回目以降は積極的にコミュニケーションをはかられ、私達のいじわるなアドリブにも柔軟に対応されていました。病棟での挿管介助に自信がもてたとの意見を多くいただき、私たちも励まされました。ワークショップ後の質問も盛り上がり(きっと挿管介助七不思議が多かったのでしょう)、専門看護師を中心に長く対応しました。

 一般病棟患者さんの呼吸器離脱依頼が増えております。もちろん呼吸器離脱には栄養、せん妄、廃用等、呼吸以外の要因が多く絡みますので、主治医、病棟スタッフ、PTOTNSTと呼吸ケアチームで合同カンファレンスを定期的に行い、情報共有を行い、患者さんの利益向上に努めています。このような機会やワークショップをきっかけにさらに呼吸ケアに興味を持っていただける方が増えればと期待しています。

 

 京都第二赤十字麻酔科専門研修プログラムでは外部、他地域からの受け入れを積極的に行っています。ご気軽にお尋ねください。

 

                                         平田 学



mh5963ya at 21:22|PermalinkComments(0)

2020年11月12日

若芽の成長4

症例数 11月12日
 
 今年度も半分過ぎましたが、1年目の専攻医の先生方の歩みは着実なようです。A先生の方は胸部外科、心臓麻酔、帝王切開症例は到達。B先生は到達症例は胸部外科のみですが、脳外科症例の達成まであと5例となっています。小児症例が少ないのは今年の特徴でしょうか。


                             平田 学



mh5963ya at 08:21|PermalinkComments(0)