ポジションレポート迷える子執事

2014年03月18日

イケ麺はそばにいるべき

久しぶりに駅そばを食べました。

20年ぶりの大学の同窓会の翌日。2日酔いの治まらないなか、これだけは食って帰ろうと思っていました。福井駅に昔からある立ち喰いそば。かけそばは280円とそんなに昔と値段は変わらない。だしはこくがあるが、意外とあっさりしている。昔と変わらない味でした。

僕がこの駅そばと遭遇したのは大学1年時、愛知から福井への移動の時。まだぼろぼろのプラットフォームから木の改札を抜けると、今庄そばの文字。なぜかひきつけられ食したのが最初。その後おろしそばにも遭遇、カルチャーショックを受けた。金沢と同じように福井の繁華街の名前も片町。そこの居酒屋で飲んだ後、早い時間であれば駅そばを食って帰っていました。

懐かしい味といえば、ヨーロッパ軒のソースかつ丼も福井を代表する味でしたが、今回は行けず。34年前、定期的に福井大学に行く機会があり、帰りは列車でちょいグルメをしながらよく帰りましたが、その際よくお世話になったのが小川軒という持ち帰りもできるかつ丼屋。駅前にあったのですが、残念ながら再開発のせいで、一角とともになくなっていました。寂しいばかりです。

 ぼくはここのヒレカツソースかつ丼をテイクアウトし、まずソースごはんを食したあと、ソースに浸ったカツをあてにプレミアムモルツを2本、福井→京都間で飲むのが定番でした。湖西線は風に弱く、状況によってはサンダーバードが米原経由となることもありましたが、そんな時はお土産用の笹寿司をこっそりあけ、地酒の一合瓶とあわせる日もあったと思います。

 ソースかつ丼は熱々がおいしい。熱々と言えば、同級生の外科医。難治性膵癌に対する血行廓清についての手術に話が移った。私は麻酔科医としての立場からcomplicationをきたす可能性の高い高齢者依存症例ではradaicalな手術は慎重をかさねて適応を決めるべきだとのべましたが、すぐにかれらは噛みついてくる。患者が納得して主治医と考えを共有しているなら、やるべきだと。23%の治療向上性しかなくても、やるべきだと。自分は自分の技量について自身を持っていると。言っていることが理解できない訳ではない。迫力負けしそうになる。自分にその技術があってもここまできっぱりとは言えない。彼らは自身を犠牲にして手術をしているのだろう。私にできるのはこういう熱い外科医をサポートするのと、熱くなり過ぎたときに冷やし水をかけてあげることだろう。

 4軒目は福井にはそぐわない深夜イタリアンに。S君達と飲み、帰るときにはふらふら。S君と2回ほどこけながらなんとかタクシーに乗り込みいつもの東横インへ。寝付いたのは4時でした。

 翌日は9時過ぎに起きたがふらつきあり。福井駅で帰りの切符をとり上述のかけそばを食べたあと、土産もの売り場をふらついていると、大阪で腎内をしているT君と偶然遭遇した。彼は車で今から大阪に帰ると言っていました。そういえば前日も2次回半ばで“明日dutyだから今から大阪南部まで車で帰るよ“(もちろんお酒はなし)という循環器内科の同級の女医さんがいたが、スーパーで駐車場に入れるとまっすぐいれているつもりが、必ず30°斜めになってしまう私にとっては信じられないものでした。奇跡は続き、T君と別れるとつい6時間前まで、酔ぱらって一緒にこけていたS君と遭遇。帰りのサンダーバードも同じ時刻だったので一緒に帰洛。かれは左京にすんでいるとのこと。昔からイケメンであったが、頭が私と同じように白くなった意外はあまり変わりない。開業されているが、意外と大変だと。色々はなして京都まで帰ることとなりました。

 楽しかったが結論ですが、みんなそれぞれ苦労している。脳天気勤務麻酔医は僕一人かもしれない(脳天気ではない麻酔科医はもう2名ちゃんといました)

 そういえば僕より口の悪いロベルト・K君はいなかった。彼のセイタカアワダチソウさえ枯らす毒舌トークが聞きたかったのに。

 同窓会の途中で、学年で一番ガッツのあるI君が次の幹事に指名された。私も積極的に補佐したいと思います。なぜか2年後の同窓会は福井ではなくて京都です。北九州のI君も是非ともどうぞ。

 

 10年後には、越前そばのようにコシと味があり、長続きする医療者に皆でなれることを夢見ております。

                        平田 学



mh5963ya at 20:42│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ポジションレポート迷える子執事