深夜の医療安全総診中

2014年04月23日

S島攻防戦

 昼は所用のため11時に一旦病院をでました。16時半に帰院してみると緊急2件がはいり、本日も炎上。研修医の先生の術前交代をしてゆくうち、要約落ち着いてきました。野戦化が進んでいます。こういう時は持久戦です。先に根を上げた方が負け。
 それはそうと、新専攻医もだいぶ頼りになるようになってきました。
I先生は大腸穿孔2連荘の洗礼を受け、オールナイト一番のり。さすがにヘロヘロなので返しました。またN先生は帝王切開の麻酔管理に引き続き、呼吸器外科手術管理。もう2か月もすれば、主戦力になっていきそうな勢い。できれば夏休みにはAAAにたどり着いて欲しいところです。

 研修医もまた頑張っています。T君。SASの症例にデスフルレンを使わせてみたのですが、彼の思い描く覚醒時間と覚醒の質を実現できたそうで、満足そうでした。彼は消化器外科志望ですが、そちらにいってもこの麻酔の面白さを忘れずに、私達を温かい目で見てほしいと思います。

 

 さて他施設のK先生から、最近ブログが荒れているではないかとの指摘あり。自覚はないのですが。気を付けます。

 

 4月になり定期手術は減った感があるのですが、その分緊急手術が増えている気がします。

外科系診療科の先生方には悪気はないのですが、さながら防衛戦様です。おそらく4月の初旬はどの病院でもスタッフの入れ替えが少なからずあり、緊急例はあまり受け入れないのかもしれません。

 

 4月当初はさながら硫黄島の様でした。本来は守る側がゲリラ戦を繰り広げるのですが、手術室では全く逆。但し私達としては籠城戦は大の得意。問題は補給線確保。当院硫黄島(麻酔科)には補給の要となる専用滑走路が1(surgical ICU)、共用滑走路が1(救急ICU)ここは死守しなければなりません。これらを失えば、大学や他施設からの補給路を失うこととなります。スマートではなくクレバーに立ち回り、相手方の絶対的な数的有利をつくらせないようにしないといけない。ただ守備側にとっては5:1以上の優位性を作らせなければ、守るのはたやすい。そうやって私が尊敬する栗林中将は圧倒的不利にもかかわらず、1か月以上も強大な米国の攻撃から島を守り続けた。必要に応じこちらもゲリラ戦を講じ、ダミーの滑走路を作って目をそらし、守っていかなければならない。問題は士気であります。私達の士気の源は京都で一番と自負するこの急性期病院を自分たちが支えているというプライドです。お金でもなければ、名誉でもない。信頼できる仲間とともに5年でも10年でもこのを守り続けるつもりです。もちろん指揮官である私は判断ミスをしないよう絶えず冷静であるつもりです。

 

 またこのような書き方をするとK先生にふざけ過ぎとつっこまれそうですが、ご容赦を。もしわが島の守備隊に志願していただけるならご連絡を(manabu-hirata@kyoto1-jrc.org)。

                                 平田学

  



mh5963ya at 19:05│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
深夜の医療安全総診中