昼夜大逆転学会後初の抄読会

2014年05月18日

くもみも好きかな?フォアグラの燻製

 今日はごめんなさい。学術的要素の全くない話。学会から昨日帰り、昼間に雑用を病院でこなした後、あて探しに高島屋へ。ちょうど九州物産展がやっていました。4年前から目をつけていたのですが、やはり今年も来ていました。燻やです。ここは佐賀にある燻製専門店。いいのは職人の田部さん自身が飲んべで、酒に合う、おそらくワインにあう燻製を作っていること。原材料にはこだわりがあります。五島産の鯖を使った燻製は燻製なのに脂がのっていて、白ワインのみならず、個人的にはピノノワール主体の赤ワインでもマッチすると思います。さらには肉と相性の良いカベルネソビーニョンでもいけそうです。私はアレルギーのため食べられませんが、ヒマワリ油で付けた広島産牡蠣の燻製も家の最高権力者によると最高だそうです。本日は五島産アナゴの燻製も売っていました。試食ではおいしかったのですがパスしました。というのも目に留まったのがフォワグラの燻製。家に持ち帰り薄く切って吟食。本当にうなります。単純にそのままでも燻製味はしますが、濃厚なフォアグラの味がえも言われない。フォアグラ味が半生の感覚を残したまま濃縮された感じ。次にローストビーフをまいて食べてみましたが、冷製ひれステーキのフォアグラ和えとでも言った感じか。というよりそれよりずっとうまい。燻製されているためソースなしでもフォアグラ自体のくさみが全くなく、冷たい肉とマッチし、私自身は今まで経験したことのない濃厚味。チーズに近いが、嫌ではない野性味もある。あとは塩トリュフとともにこの燻製フォアグラを細かくしてふりかけたパスタを食してみたいと思います。

 空から日本を見てみようくもみのようにじゅるる話で終わってしまいそうですが、

少々飲み過ぎたので、本日はこれくらいにしたいと思います。

 

                     平田 学



mh5963ya at 19:35│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
昼夜大逆転学会後初の抄読会