プログラム軽くシャンパン

2014年06月30日

夕凪にスコール

 先週は良く働いたような、良く飲んだような。昨今の晴れたかと思えば、豪雨という天気のような週後半でした。

 当科の夜間体制は3枚です。ICU当直、手術室麻酔オンコールそして責任番。責任番は昼間のスーパーバイザーです。水曜は当直が私、オンコールが4月からオンコール時緊急手術的中率100%3年目I先生。責任番はO先生でした。2人でこなせるものであれば、オンコールが麻酔担当、ICU当直はサポートに入ります。もし新生児手術や開心術の場合は、オンコールの対応が困難なら、管理の間は業務を交代します。従ってこの日は私がヘルツを担当する可能性もあったわけです。そしてオンコールは激引きのI先生、私の運命はきまったかのようでした。ところが、なんとICUも平和で、また深夜の緊急もなく、ゆっくり休めてしまいました。

 木曜はF大学研修医の先生が見学にやってきてくれました。午前、ざっと手術室を案内した後、救命センターへ。ちょうどドクヘリがやってくるところだったので、救急科のT先生、I先生の計らいで、ヘリポートへ。ヘリ搬入の見学をさせていただきました。昼からは両ICUの見学、そして周産期センターを少し見させていただき終了となりました。

 夕方からは四条へ繰り出し、見学の先生、I専攻医とともに、床で風情を楽しみました(見学の先生が京都風情をたのしみたいとのことでしたが、ほとんど私の希望です。今年の初床)。まだ明るいなか、鴨川べりを歩く人、ジョギングしている人、ハーモニカを吹いている人?その後ろには南座、そしてその奥北側にはぼんやりと赤みを帯びた比叡山。こんな近くなのに、これほどゆったりと時間が流れているところが存在したとは。全く休日の夕刻とこの平日の夕刻に鴨川が付帯する空気がここまで違うものなのか?感無量でした。風情は十分味わえたのですが、飲むほうは十分ではなかったので、しめにそば(もちろん沖縄そば)を食べながら泡盛を流しこみました。久ぶりに花酒のどなんをロックでいただき、心も喉もしびれました。

 翌日は外来。知らないうちに初診枠をなぜか超えています。必死のパッチで病棟診を含め16時までに終了させました。夜は麻酔科研修医のお疲れ会。ホテル京阪のビアガーデンでしたが、今年は私と天候の相性が悪い。風が強く、途中からは寒いくらい。2次会は専攻医F先生セッティングの近傍のバーへ。12時前に帰宅の予定でしたが、飲みたらないという人が出現したため3次会へ。3時に帰宅、久しぶりの午前様となってしまいました。

 土曜は2日酔い気味で10時まで寝坊。その後研修医の先生と締切間際の臨床麻酔学会の抄録添削行った後メールでやりとり。午後からは期限が翌々日と迫った救急専門医更新書類をまとめた後所用のため外出、帰宅は今夜も0時をまわりました。最終の抄録のチェック後、ブラジル戦をみながらメール返し。2時過ぎ就眠。

 翌日曜は麻酔ABCコースを施行。これは次月麻酔科ローテの研修医の先生に主にワークショップ形式で、麻酔関連手技(麻酔器やモニターを含む)について学んでもらい、実践に役立てようとするもの。今回は新人を中心に手術室看護師も参加しました。その準備のため6時過ぎに起床。7時過ぎに、歩きで一駅先のスーパーに買い出し、合間につまんでいただくお菓子と飲み物を購入。9時からセッティング。10時には何とかコースがはじめられ、昼食をはさんで15時半まで。皆さん非常に熱心にかつ興味深く親しんでいただきました。終了後救急専門医の書類を同日中に発送しなければならないため、京都駅隣の中央郵便局へ。そして書類発送した後はABCの打ち上げに。さすがに疲れていたので8時前には退散、帰宅し早目に寝かしていただきました。

 晴れ時々雷雨みたいな1週間でしたが、非常に充実しておりました。

    

                      平田 学

 



mh5963ya at 21:05│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プログラム軽くシャンパン