Congratulation! PDPHに詳しくなる?(1)

2014年12月27日

 lockout time=1:00 AM

昨日は手術室大忘年会でした。1月に転勤になるA 先生の送別会も兼ねておりました。

A先生は7年にわたって、当医局を支えてくれました。きさくな人柄でおやじギャグにはもっとも理解がありました。一方実は裏番長でもあり、専攻医をよく指導?(得意ワザは目をキラキラさせながら、何か面白い話ない?攻撃)してくれました。残念ながらしばらくは遠方でお仕事となります。帰洛のおりにはぜひとも、またうちで働いて欲しいと思っています。

 院長先生もご招待しての会でしたが、いつもとおりものともせず盛り上がります。師長のアナ雪あり、そして私の隣は18(仕様)の係長。みんな天然のエンターテナーです。2次会では某専攻医先生の大暴露!今年も盛り上がりました。

 本当に、はしゃいでもいいんです!手術室も麻酔科も少数精鋭で一年を通して、そして強烈な12月の大繁忙大混乱状態を乗り切りました。MEさんも本当によくサポートしてくれました。クリスマスの夜に麻酔科管理件数は4000件を突破し、昨日までで4021件。本日もいわゆる定期臨時手術を2件施行しており、年内に4030件に手がとどくかもしれません。とにかく昨年の数を上回ることができました。感謝です。10室しかない手術室でこの数は驚異的です。O先生のスケジュールコントロール、手術室の術間隔減少プロトコール、病棟の努力(定時出帰室、ライン確保等)などすべてがうまく調和して行われた結果だと思います。皆様に感謝です。

前回の臨床麻酔学会でのはしごラーメンをブログ上で把握されたため、相方からは深夜ラーメンをきつく禁じられてはおりますが、昨夜は例外と判断しました。研修医有志を引き連れ、大豊ラーメンへ、K君が良く食べるということなので、チャーシューメン-餃子-ビールセット×6としました。完食。やっぱり深夜チャーシュメンは旨い。

 

1時前には帰宅しました。宴会の途中で今日は家を出る際、鍵を持って出なかったのを思い出しました。1時なのでまだだれか起きていると思い、ピンポンを数回押したが、反応なし。たいがいこの音に反応して、うちの悪犬が吠えながら玄関まで出てくるのですが、全く反応なし。電話で何回もコールするが、出る気配もない。ひょっとして誰かが帰る前の深夜ラーメンを偶然目撃し、相方にメールでもしているのではないかと疑心暗鬼になり、早々に病院に引き返すこととしました。

 しんしんと冷えていました。忘年会の特異日なので、タクシー一台見つかりません。

大石内蔵助もこのような寒さの中を山科まで帰ったのでしょうか?必死のパッチで病院に着きましたが、まだオンコール、当直は働いておりました。ご苦労様。つらいのは私一人ではありませんでした。

朝、家に連絡をしてみると、全く気付かなかったと一笑に付されました。でも着信あったでしょと尋ねると、緊急で呼び出されていると思い、その連絡だと思っていたとのこと。

rocked out転じてlocked outの夜でした。

                                           平田学



mh5963ya at 13:29│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Congratulation! PDPHに詳しくなる?(1)