覚醒下帰宅ちょっとセプザイリス

2015年03月08日

commitできる

 今週は、勉強会でした。M先生が主に研修医の先生に向けての、ペースメーカのはなし。ASAのガイドラインに沿い、わかりやすく丁寧に説明してくれました。私的には土曜出勤で幹部研修。6時間の缶詰に耐えたあと、間に合わないと思いつつも、京滋麻酔科医会に丹波口まで移動しましたが、やはりついたのは7時前。失礼なので参加はしませんでした。

 小腹がすいたので、近くのEBISUさんに。なんと海外のビールが多種類あり、ベルギービールにもありつけました。よく飲んだビールがおいてありました。ベルギービールにはフレンチフライですが、ここのはアンチョビガーリックで味付け。ガーリックや塩味が強すぎるわけではなく、本当にビールにマッチする味付け2杯いけました。グラスワインもセットがリーズナブルで、3杯で1200円。肉が食べたくなったのでもも肉のタリアータを食べましたが、ボリューミーな上にバルサミコとの使い勝手が優しく満足でした。食べる際に、バルサミコに合うカリフォルニアワインをサービスしていただきこれがまたよくマッチしました。

 日曜。普段より4時間以上寝坊し9時に起床。しかしながら最近運動不足で、結果にcommitするという○イザップCMのエクササイズ前の残念な体になっているので、今日は10km近く歩く計画を策定。でも味覚というのは恐ろしいもので、昨日の余韻か、今日も肉が食べたくなり、いがやさんへ。ローストビーフの味噌漬けをゲットしたあと、それに合うワインを購入しにリカマンへ。店内にニュージーランドのオーガニックワインがありました。以前、南島のセントラルオタゴのワイナリーを訪れた際、そこのピノノワール種のおいしさを覚えていたので、即購入、抱き合わせで日本酒のなるとたいも購入しました。今日もアルコールデヒドロゲナーゼが活躍しそうです。

 二日酔いにはスプライトが効くという学術論文がありました。スプライトに含まれる成分がアルコールデヒドロゲナーゼを活性化するからではないかともいわれいています。この真偽は不明ですが、少なくとも飲酒後の経口補水は有効かもしれません。私自身で実験してみたのですが、飲酒後にOS-1を飲んで就眠した時の方が飲まない時より、翌日の消化器症状がましなような気がします。私はあまり二日酔い時の頭痛は強くありませんが、消化器症状はけっこう残ります。脱水があれば、もちろん肝血流は低下するため、酵素活性が低下し、クリアランスが減るのは理解できます。消化器症状についても脱水がかなり悪影響を与えているのかもしれません。やはり脱水に伴い胃粘膜の潅流が不良となることにより、防御因子の活性が低下するのでしょうか。消化管血流の保持という観点からすれば、飲みやすいかもしれませんが冷えた真水を飲むより、常温の経口補水液を摂取する方が有用であると思われます。

 今日も食べ過ぎですが、明日から頑張ろうと思います。結果(ヒドイ腹)vomitしないように。

             平田学

                   



mh5963ya at 17:32│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
覚醒下帰宅ちょっとセプザイリス