龍馬ゆかりの地で語らう?バッカスの本拠地へ

2015年04月05日

盛春のハーモニー

DSC01081
DSC01083
DSC01082

 雨が降り出す前にと疎水にやってきました。もう今日が最後でしょう。
10日前とは大違いです。つぼみだったものが満開を過ぎようとしています(上段;10日前 下段昨日)。菜の花と桜のコラボレーション、もの心ついた時からの懐かしい風景です。子供のころはくさいとしか思わなかった菜の花のにおいも最近は好きになりました。年をとると、あと何回この風景がみられるのだろうと嘆いてしまいがちですが、いな、記憶においては永遠なのだと私は思っています。昔、小学校で歌った唱歌とともにあるイメージは年を重ねても鮮明に記憶されています。(脳の)ハード部分に取り込まれているのだと思います。春において若返りを感じやすい(気のせい?)のは、その明るい光景ややさしい音やかぐわしいにおいがこのハード部分にアクセスしやすくするのではないかと思います。

DSC01088
 

 疎水沿いを歩き病院へ。雑用を小一時間ほどこなした後、鴨川沿いに四条へ。私の大好きな鴨(食べる方だけではないです)がいました。しぐさはすっかり春モードです。
DSC01089
 

 高瀬川沿いを抜け、いつものタベルトで魚を買った後は家路を急ぎます。本日は新物の筍があります。もう京都では出回っており、朝堀りのものが安く無人販売所で売られています。私は小さ目のものを買いました。皮が多くて損だと考えがちですが、炒めものには穂先に近いところが多いほうが向いています。あく抜きをせず、かるくゆがいたあと、牛肉と一緒に少量のみそもいれて炒めてもらいました。予想通りの春の風味です。えぐみはありません。赤ワインとも日本酒ともマッチしました。

 ところで今週の勉強会はT先生が神経ブロックの適応と問題点、特に局所麻酔薬中毒についてまとめてくれました。あまり当科では重きを置いてこなかった分野なので、T先生を中心に施行マニュアルやガイドライン作りをすすめられればと思っています。

 今週水曜の心臓麻酔術後勉強会はOPCAB-心脱転時の経食道エコー所見の変化とその対処法につきI先生に短くまとめてもらおうと考えています。

 

                     平田学



mh5963ya at 04:14│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
龍馬ゆかりの地で語らう?バッカスの本拠地へ