荒天へGI,unissez-vous!

2015年04月26日

初物に福あり

 新年度は体制の変化により、どうしても当直回数が多くなります。また私が当直すると不思議と忙しくなることが多いのですが。普段あまり当直頻度の多くない私にとっては若干お疲れモードに入りつつあります。そしてありがたいことに黄金週間です。もちろん全部フリーとはいきませんが、かなり息抜きができそうです。ゴールデンウィークといえば、5月、5月といえば"初鰹です。私は和歌山のケンケン鰹が好きで、もう2本目をいただきました。昨週が底値で京都でも小物なら11500円前後で売っていました。一本買いすると多いという方は半身もあります。今週は少しずつ値段が上がってきている様子で、3割ほど高くなっています。私は鰹と馬刺しはにんにく-しょうが-醤油を定番としています。ただこれをすると家族には大不評なので、今回は無臭ニンニクを使ってみました。結果は・・・やはり大不評でした。たくさん食べてしまうとやっぱり臭うと。江戸時代は、女房を・・・と言っていたとかいないとか、現代では旦那を残業させても食べたい初鰹といったところでしょうか?

 さて初物といえばAN69ST(セプザイリス)です。周りで興味を持たれているのがヘパリンコーティングによる抗血栓性ですが、現状で他の抗凝固薬を併用する必要性があると考えます。一般的なのはnafamostatですが、AN69ST”prototype”といえるAN69では表面電荷により、nafamostatが吸着されてしまいます。AN69STではポリエチレンイミンを表面コーティングしてあります。これは本来補体活性化やブラジキニン産生を誘導するゼータ電位を減少させるためのものですが、nafamostatの吸着抑制にも関与すると考えられます。ただこのコーティングがどれほどnafamostatの吸着抑制に役立つかどうかは明らかではありません。当院の血液浄化グループも評価を検討中とのことですが、急性血液浄化学会等での今後の各施設の発表に期待したいと思います。

                           平田学



mh5963ya at 22:18│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
荒天へGI,unissez-vous!