人生の回帰方程式どSな1週

2015年05月14日

いつでも加温を

 昨週の医局会の勉強会は私の担当でした。

初心者向けに周術期体温管理についての講義。まず非周術期の熱出納の基礎について概説。次に周術期に重要な自律性体温調節のメカニズムと中枢と抹消受容器の解剖・生理について説明しました。中枢は高温に弱いため、温ニューロンが多く存在し、抹消では寒冷反応を起こす頻度が多いため冷ニューロンが多いこと。ただし暑熱環境下の高温時には即時に働く緊急避難的な大量発汗が重要であるが、交感神経によって支配されている汗腺が、実は伝達はアドレナリン作動性ではなくコリン作動性の伝導速度の速い節後線維が支配していることを補足しました。非麻酔時には閾値間域が0.2℃ほどの間に制御されているが、麻酔中は範囲が広くなるため自律性体温調節が抑制されること、高侵襲、長時間手術ではサイトカイン等の影響により閾値間域が右にシフトしてゆくことについても概説しました。したがって体温調節反応の起きていない状況下での、平均体温や抹消-深部体温(中枢温)較差の計測がその後の体温調節反応を制御する上で重要となることについても説明しました。

 体温調節性血管反応として暑熱環境下では皮下静脈層への血流プールがラジエータのように働き効率的に熱を逃がすこと。寒冷環境下では深層での動静脈対向流流形成により熱消失を巧妙に防いでいることを説明した。このような反応は麻酔下でも起こり得て、十分な観察やモニタリングで指摘が可能であることを示しました。

 相対的低体温(閾値間域より左方に平均体温値が存在)時には血管応答→NST→シバリングの順に進むが、浅麻酔時には前2者は観察されうるので、その時点で麻酔深度を十分にしておく等の対応が重要であることを説明しました。むろん周術期を通しての表面加温の重要性については十分に強調しました。

 加温以外の予防策としてはMgの補充、綿密なopioid transitionNSAIDsの投与を例に挙げ、起こってしまえば1mg/kgほどのペチジンがNNTが高いことを説明しました。

 

 翌日は中央手術室の新人歓迎会。恒例によって私が今年の4人を紹介、また新規麻酔科入局者についても要望がありましたので、紹介いたしました。その後はわが麻酔科のクールボコ”2人が外科医ねたに引き続き、新ネタ、かっこつけた麻酔科編をリリース、激受けでした。その後は師長、係長によるちょいゆるの(言ってることは辛口)”10.5秒バズーカあり、寒くなることはありませんでした。

 楽しい雰囲気の中3次会まで顔を出して3時台に帰宅したところ案の定相方からお叱りを受けました。理由は”3次回まで顔出したら、下の先生が上司の悪口が言えないでしょと。ごもっとも。帰宅後の加温が必要でした。

 

                           平田学



mh5963ya at 22:56│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
人生の回帰方程式どSな1週