どSな1週semiの泣きはじめ

2015年06月20日

知らないうちに琵琶湖一周

 昨週の今頃は研修の真っただ中。格闘技の新団体と間違うほど認識がないDPC中心についての話が盛りだくさん。しかし麻酔科医と言えども無縁では全くないのです。今年も近くにローソン一軒しかない湖西の某所で研修がありました。前は琵琶湖、後ろは比良山なので、泳いで長浜まで渡るか比良山系を踏破するしかルートはなく脱出はほぼ不可能です。どこの急性期病院も経営状況は厳しいとのことでしたが、その生死を分けるのがDPCにかかわる知識の共有であると。

麻酔診療点数は現時点ではまるめなので関係ないだろうと思いがちですが否、私達次第で診療点数に影響するかもしれないのです。たとえば大腿骨頸部骨折を例に挙げてみましょう。入院期間の全国平均が25日程度ですから、副病名がなければ、このあたりが入院期間Ⅱの期間と思われます。入院期間Ⅲになってしまうと"持ち出し分が多くなって収支はマイナスとなりますから、ここまでに退院に持って行くのが必要条件です。もちろん入院期間によって規定されるので、手術は入院後早目に行えば行うほど余裕ができると考えます。従って麻酔科が関与して入院期間を短くするのに貢献できる要素としては、手術決定から施行までの期間を可及的に短くすることと思われます。ただ元々高齢者が多い疾病なので、併存症が危惧されます。麻酔科術前外来を持つ施設ではそこで、情報を統合し、速やかに併存症の検索と対応(専門科対診)を行うのが近道と考えます。あとは手術スケジューリングを速やかに行い、合併症を可能な限り防ぐために術後のバックアップ(頸部骨折は重症例が意外と多く、準緊急手術となることも多いので、夜間帯に手術スケジュールを行わなければならないこともあり、PACUや集中治療室での術後ケアが必要なこともあります)計画を立てる必要性もあります。ただ頸部骨折の入院は平日だけではありません。休日の緊急入院にどう対応するか。ここは実は私達の部門ではまだ対応できていません。土日の人員問題はありますが、手術適応と判断された時点で、麻酔科のほうでもリスク評価を行い、この間に麻酔に関するICを行っておく必要性を感じています。そうすれば、併存症が問題とならなければ月曜の朝から、併存症の対応を行っても、たいていの場合は月曜午後から手術施行が可能になると考えます。もちろんマンパワーあってのことなので、バランスをとらないといけないのですが。

日曜の夕方に開放されましたが、私はその足で愛知の実家へ。京都経由で行けば時間がセーブできるのに、お金をケチって湖西線、北陸線経由で米原に移動。そこで新幹線に乗り継ぐつもりでした。しかし近江塩津行の列車は出た直後、1時間待ちです。ひろせでビールと寿司をと見ると、なんと準備中。この日はタイミングが全くうまくあいませんでした。夕暮れの琵琶湖はきれいでいたが、前になかなか進まず、結局実家についたのは21時前でした。23時前の新幹線で京都に帰るというハードスケジュールで研修以上に疲労、貧乏性が裏目に出ました。でも得なことを発見。よく考えたら2日がかりでしたが、初めて琵琶湖を1週していました。

 

            平田学



mh5963ya at 12:44│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
どSな1週semiの泣きはじめ