真夏のリクルートメント区切り

2015年08月25日

秋よ来い。

 先週の金曜日に昨年も催された術後疼痛懇話会に参加させていただきました。府立医大の柴崎先生のミニレクチャーと和歌山県立医大の川股教授の特別講演がありました。柴崎先生はミクログリアと痛みについての話。ミクログリアは外胚葉主体の中枢神経系において珍しく中胚葉由来です。中枢神経内での免疫担当細胞と考えられ、損傷組織の貪食や修復にかかわっているといわれています。神経損傷が起これば、ニューロンや他のグリアからサイトカインが放出されますが、それに反応してミクログリアが集積してくるのでしょう。ミクログリアはマクロファージと似かよった性質を持っているので、おそらくこの修復過程でメディエーターを放出すると考えられますが、これが急性期痛の原因の一つとなっているのでしょうか?順調に修復・再生が進行し、炎症消退すれば、この痛みは消失してゆくのでしょうが、何等かの原因により、このミクログリアの離散が抑制されれば、慢性炎症ひいては慢性疼痛へと進む可能性が考えられるのではないでしょうか。ミクログリアがマクロファージの親戚?ならばマクロファージの似通った形質をもつかもしれません。単球からイノシトールリン脂質の介在下に分化するマクロファージは炎症を惹起するタイプのM1マクロファージと抗炎症性に働くM2マクロファージに分かれますが、ミクログリアにもこのような分化形態が認められる可能性はないでしょうか?もしそうだとして、慢性疼痛にM1マクロファージ様のミクログリアが関与するとすれば、それをM2タイプに分化誘導することによって、局所慢性炎症に伴う疼痛メカニズムを抑制することが可能にはならないのでしょうか?ちょっと妄想でした。

 川股先生はオピオイドによる呼吸抑制についての講演で、クリアで理路整然とされていました。生理、解剖の深い知識についても適所にバランスよくおりまぜられており、聞き無精の私でも集中して聴講できました。オピオイドは橋の呼吸中枢を抑制する。橋の呼吸中枢は複数部位あり、オピオイドの種類やその血中濃度によって抑制パターンに違いが出る可能性がある。臨床症状として最も早く出現する抑制症状としては、呼吸パターンやリズムの異常で、これは旧来型の呼吸モニタリングでは感知されにくいとのことでした。これは目からうろこで、術中、安全に自発呼吸が出せる手術であれば、呼吸数と分時換気量をモニタリングしておき、それが安全域にはいっていれば、術後のオピオイドによる呼吸抑制を回避できると考えがちな私達への大きな警鐘でした。術後の呼吸パターンモニタリングは早急に開発されるべき必要性があると感じました。

 気が付けばもう8月も終わり近く、秋目前です。秋はお酒も食べ物もうまく大好きです。今年も暑かったので、早く涼しくなれと願っておりますが、ただ周りからはアキられないよう奮闘努力をおしまぬようにしていきたいと思います。

 

               平田学                 



mh5963ya at 17:45│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
 真夏のリクルートメント区切り