そばにある味 攻守転換

2017年03月29日

 なごりおし 

もう1か月近くになるのでしょうか?札幌で開かれた集中治療医学会に参加しました。

さすが北海道、歩道には雪が残り、ちらついてもおりました。救急部の各先生方の発表を拝見させていただき、よくあの忙しさのなかで準備をしているものだと感銘を受け、自身のモチベーションの賦活化につながったような気がします。今回も強行軍でほぼ一日半のスケジュールとなりました。

不思議だったのは大学のS先生が通りを挟んで向いに泊まっていらっしゃったこと。食事をご一緒させていただいたのですが、札幌なので落ち合うのにかなり時間がかかるのではないのかと危惧していました。が、わずか30秒でした。聞けばどうも同じ便、同じ列車で札幌まで来た模様、奇遇です。札幌に来たからには、酒林坊さんに寄ろうと思っていたのですが、一日目は疲れもありパス。翌日は一心不乱?に聴いたあと夜は救急部の先生方とビール園に。ビール100ガロンと羊1?を平らげたと思います。そのあとIセンター長が来られたので、おすすめのお店で北海道の旬を堪能させていただきました。新月のカニのごとく身がいっぱいで、結局この日も酒林坊さんを断念いたしました。

 

学会ではqSOFAスコアが話題となっていました。ICUの学会で、ICU外で有用である同スコアに注目が集まるのは少し不思議でした(もちろんICUで治療対象となる敗血症診断に関わるツールであり、診断後はICUに入る可能性もあるので当たり前といえば当たり前ですが)。同2点以上で敗血症を疑い、SOFAスコア2点で診断となるようです。最近初療室に参加させていただくこともあるのですが、よく見かける多発外傷や内因性CPA症例ではqSOFAは容易に2点以上となり、もちろんSOFAスコアも軽く2点を超えることが多いのですが、そのような場合も診断となってします(ガイドラインを読み込んでいないので場外規定があったかもしれませんが)。確かにこのような症例の予後は悪いので、その点からすると整合性はあるのですが、何かしっくりいかない部分もあるように思われます。

 

心残りは酒林坊さんです。ぜひ次は・・・

 

                     平田 学

 



mh5963ya at 07:03│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
そばにある味 攻守転換