ヒールはビール好き世界線を超えて

2018年09月22日

第2回京都周術期懇話会

  昨日, エドワーズライフサイエンスさんの協賛で京都周術期懇話会が開催されました。昨年と同様京都第一第二赤十字病院の先生方にご参加いただきました。昨年は外科と麻酔科の親睦をはかるという目的で両診療科のみでしたが, 今年度は泌尿器科, 産婦人科の先生方にもご参加いただきました。第一日赤の印藤先生はフロートラックを用いた開腹手術の循環管理について発表されていました。Restrictive intraoperative fluid optimisation algorithm improves outcomes in patients undergoing pancreaticoduodenectomy: A prospective multicentre randomized controlled trial に記載されているプロトコールを用いていましたが, 特徴は介入トリガーがSVV20%超であること。かなり辛い条件で,

やはり従来に比べかなり輸液量をしぼることができたとのことです。

興味深かったのはオーディエンスレスポンスシステムを用いた意見交換。泌尿器科の先生からはダビンチ手術は、患者さんのストレスは下げるが, 麻酔科医自身のストレスを高めている可能性があるのではないかという私たちにとってはありがたいご意見がでるとともに、出血時はあまり静脈圧を上げないような管理をしてほしいとの厳しい意見もありました。また産婦人科の先生からは重症帝王切開後の術後循環管理時, なかなかよいモニターがないことをご相談されましたので、クリアサイトによる管理をお勧めいたしました。


 総じて各先生方の満足度も高く, よい懇話会であったと思います。来年度はさらに診療科の枠が超えられればさらに面白い会合になると考えます。

 

                平田 学

 



mh5963ya at 14:19│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ヒールはビール好き世界線を超えて