江南の秋手術室ハンズオンセミナー

2018年12月30日

年末もめでたし

プチ山仲間であるN君が、周術期認定看護師試験に合格したという。試験直後は自信がないとのことだったので心配していましたが、結果往来でよかったと思います。おめでとうございます。私の勤務先のPatient Flow Management(PFM)部門が軌道にのり始めてゆく時期で、その構築、発展にも寄与されると思います。

 私はPFMにおいては、定型的で並存症のあまりないケースのマネージメントと重症例マネージメントを両立させる必要性があると考えます。前者は効率的運用を主眼とし、患者さんにより負担なく医療を受けていただくため、後者においては(周術期)管理チームの介入により、合併症なく退院いただくことを主眼としています。後者は患者さんにとって大きいメリットがあるだけでなく、病院、さらに医療経済にとっても好影響をもたらします。入院期間の短縮そして医療資源のセーブができるからです。周術期認定看護師は特に後者において力を発揮することとなります。

 重症の予定手術患者さんの評価は術前、おそらく手術の12か月前にPFM部門において周術期管理チームが行うこととなると思います。ここで評価を行う基準は耐術能ではなく、耐周術期能、すなわち十分なADLを伴って退院、そして普段の生活に戻れるための客観的指標と考えます。これを上げるために、術前、術中、術後の介入手段や方法をチームで協議する必要性があります。特に術中、術直後は重症患者さんのケアにおいて集中しなければならない期間といえます。

手術室看護師ベースの周術期認定看護師にとって、術中のケアは得意分野だと思いますが、術直後、それも重症患者のケアはあまり得意でないように見えます。私見ですが、これを解決する一つの手段として手術室出身の周術期認定看護師にもサージカルICUのケアに携わっていただくことも挙げられると考えます。手術をよく知っている周術期認定看護師の視点や技術はサージカルICUにおいて大きな力を発揮すると思います。手術に関する詳細な知識をサージカルICUスタッフ間で共有することにより、より綿密な病態把握が可能となりますし、外科的処置を必要とする急変時には、介助において強力なリーダーシップがとれると考えます。

 

 まだまだ彼ら、彼女らの夢は広がるでしょうが、来年の楽しみにしたいと思います。本当におめでとう。

 

                        平田 学

 



mh5963ya at 04:21│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
江南の秋手術室ハンズオンセミナー