トライアル崖っぷち

2013年11月30日

ブレてなーい!

11/28、新しいFIFAランキングが発表されました。日本は何と48位。10月のヨーロッパ遠征の2連敗が響いていますが、総合的にはとても現状を表しているとは思えません。ただオランダ戦の1失点目、ベルギー戦の1失点目を見ると守備や意識の面では40位台といわれても仕方ないのかもしれません。何せFIFAランクなんて全く信憑性がありません。あまり詳しくはありませんが、僕が関心したのはゲンクでのオランダ戦。あの時のピッチコンディションは良くなかった。こういう条件ではパスサッカーを得意とする日本は苦労することが多かったのですが、比較的正確につなげていたこと。オランダよりより早く正確につなげていた。これは進歩の証だと思います。問題はワールドカップの開催地がブラジルであること。規定によりチェックされているはずですが、ピッチ条件としてはこれより悪くなる可能性があること。ヨーロッパのスマートで素直な寄せであればパスを通せるが、南米チームのガチガチと音がするような寄せや、かすめとるような狡猾な守備に対して正確にパスを通すことができるのか不安に思っています。

決勝に進むためにはくじ運が重要となります。また前回以上の成績を望むならさらに重要となります。第一ポットと呼ばれるシード国には開催国のブラジル、日本が苦手な南米のアルゼンチン、ウルグアイ、コロンビア、前回優勝のスペイン、強豪国のドイツ、ベルギー、スイスがあります。日本としては相性の比較的良いヨーロッパ、できればベルギー、スイスと同じ組になれば、予選一位通過の可能性も出てきます。予選突破ができても2位通過だと、トーナメントで強豪国とあたる可能性が高くなってしまう。従って上記ベルギーあるいはスイスと同じ組となることを希望します。

 マルチユーティリティープレイヤーの重要性も短期決戦では重要になると思います。以前はあまりこの重要性には気づきませんでした。途中交代で適したポジションの選手を入れれば済むやんと思っていました。が、この交代というのが局面に大きく関わってくるのだという事実を認識し始めました。特にディフェンス面で均衡が保たれている状況を想定します。ところが終了15分前にSBが負傷により交代が必要になったとします。本来であればSB専門の選手を入れるのが自然ですが。よく目にするのがその直後のセットプレーであっという間の失点。フィジカル面にできあがっていても、急に交代で入った場合、情報共有であったり、その試合特有の流れの把握であったり、少し時間を費やさなければ追随できない部分があります。一流チームは必ず(ブラジルなんて大得意でしょう)ついてきます。従って守備面においてはすきをつくるべきではない。ボランチの細貝を下げ、CHの遠藤をボランチに、そして守備的ハーフを入れる、このような起用のほうが守備意識の共有に水をささない可能性が高いと思いますが。

 

 では本論の医療についての話。私達にはマルチユーティリティープレイヤーは必要ないのでしょうか?また麻酔科集中治療領域のマルチユーティリティーとはなんでしょうか?臨床麻酔、集中治療、周術期管理、急性期医療、救急医療、ペインクリニック、緩和医療

等々多方面に渡りますし、もっと細かい分類もできるでしょう。もちろんこれらすべてについて精通していなければならないことはありませんし、不可能です。ただ今後の特に現状で、私達が所属しているような比較的大規模な一般病院においては、たとえば心臓麻酔が得意だというように専門性が高い人材について考えると、私の勤務している規模の病院では少数名で十分であると思われる。それよりはベースとしてどのポジションもそつなくこなす人材の方が多く求められているのではないかと感じています。もちろん個々人の専門分野はアイデンティティーを示したりモチベーションを維持するために必要だと思いますが、当院のような環境ではベースとして総合臨床麻酔であったり、総合集中治療医であったりする必要性があるのではないのでしょうか?そんなみんなが同じようにする仕事はつまらない。人によっては臨床麻酔なんて単調でつまらないという意見を述べることがありますが、どうでしょうか?医療分野と他の分野を一緒にしてはいけませんが、私達麻酔科医にとって顧客とはだれあるいは何でしょうか?もちろん患者でしょう?次に執刀医を挙げる人がいますが、これは大間違いだと思います。執刀医は顧客を満足度を上げるための同僚です。いないと思いますが、もし診療科の先生で麻酔科の顧客は執刀医だと言い放つ方がいらっしゃるなら当院の見学をお勧めします。うちの執刀医にはそのような考えの方はいません。もちろん人間ですから少々議論を交わすこともあります。が、私達麻酔科医や集中治療医は各診療科の先生方を尊敬しているし、逆に私達も尊敬を受けていると感じています。それは私達の前任者方が何十年とかかって築きあげてきた歴史に裏打ちされているものです。くずれることがありません。もう一つの顧客は社会となります。これはまた違う機会に言及したいと思います。

 こういう表現は無機的で好きではありませんが(医療者と患者あるいは社会との関係はより有機的と考えていますので)、顧客の満足度をあげるる行為を単調だとおっしゃるのであれば、その仕事に向いておられないのではないでしょうか?ぼくはいささか傲慢だと思います。これは昨日当院にきたポリクリの学生さんにも言ったことですが、輪島塗りの職人が毎日の漆塗りは単調で面白くないというでしょうか?そんな職人はいません。職人は毎日毎日同じようなクオリティーのものを少しでも完璧になるよう作り続けている。今日は朱塗りで、今日は金箔を多くといったようなバリーエーションはあまりないはずです。にもかかわらず職人は完璧をめざしてもくもくと毎日努力している。これは顧客への礼儀と自身の信念に誠実であろうという気骨心にほかならないと思います。もちろんそのような職人気質の麻酔科医はいると思いますが、非常に少数派でないでしょうか。それが不満であるというなら社会的貢献が第一義の一般臨床病院でお働きになる必要はなく、自分の腕を信じてブラックジャックのように生きてゆくか(こう書くとブラックジャックは熱いヒューマニストなので本意ではありませんが)あるいは私、失敗しないので執刀医私、失敗しないので麻酔科医が組んで理想の病院でもおつくりになればいい。少なくとも将来に希望を持って麻酔科や集中治療科を目指す人材に、こっそり自分の考えをアンフェアに耳打ちするのはやめていただきたいと思う。正々堂々としたやり方ですべきだと思います。

 僕たちがまだまだ甘いと思う点もうひとつ。

 心臓外科のオペレーターについて。厳しい競争社会だと思う。実力、運、努力がなければなれない。目指しているもののなかで実際にその立場になれるのは10人に1人ぐらいでしょうか?みなさんたいてい苦労(金銭的にも)して海外で修行している。なかには環境の変化で病気を患い、断念する人もいる。帰国してもポストがあるとは限らない。たとえあっても国内でオペレーターとしてやっていけるかはまさしく運次第。志し半ばで、他の外科分野や場合には内科に転向するひともいる。開業するひともいる。でもチャンスがあればと彼らのほとんどは考えている。このよう厳しい闘争に敗北しても彼らはそのことを愚痴たりする姿をほとんど見せない。それにひきかえ・・・・

 もちろん麻酔科医の中にもこのような過酷な条件を勝ち抜いて、さらに厳しい環境で切磋琢磨している方もいるでしょう。ただ僕を含めて生ぬるい湯のなかに浸かっているのも同然。僕たちはもっと大きな視点でものごとを考え、新しい物を造り上げていく転機にさしかっかているのだと思います。

 

  ぶれない麻酔科医を目指す。一方、本田のブレ玉は好きな  平田学 



mh5963ya at 16:05│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
トライアル崖っぷち