ほっこりする場所光はこだまより早く、のぞみは光より輝かしい

2013年09月30日

熱いうちに覚ませ

    最近忙しいせいか、自分でもイライラし過ぎだと思っています。今日も外来前に、ある専攻医の麻酔導入を見ました。彼の手技やポリシーはまだ未熟な面もあるが全体的に整合性はありました。気にかかったところがあり、言葉のキャッチボールをしながら指導をしているうちに、自分のやりかたと違うので苛立ちを覚えるようになりました。普段であればそう思っても3秒は自身にフリーズをかけ、リセットした後、言葉を選んで反応しているのですが、今日は抑えが利かず、「そんな未熟な技術では・・・」と言ってしまいました。未熟だったのは私のほうでした。感情に流されて客観的な意見が言えないとは情けないことです。
    外来後、少し冷静になれたわたしは、専攻医を二人きりで話せる環境に呼び、まず私の冷静さを欠いた態度について詫びました。緊張していたかれの表情が緩んだので、彼に協力してもらい、月に一度程度、臨床手技についての勉強会を行っていこうと、思い切って提案しました。こうすることによって彼のような新しい考えと私のような古い考えを融合させる機会を得、少しで建設的な方向性を得られると考えたからです。彼は快く受け入れてくれました。
  
  うちの様な医局では若手とベテランの年齢層にかなり隔たりがあり、麻酔に対する考え方も大きく異なる可能性があります。自分たちの考え方を押しつ けるとより両者間の反駁は強まってしまうようです。お互いにプロですから容易には妥協しません。それを埋めるには共通の媒体、抄読会を含む勉強会、学会参加そしていつもの飲みにケーションが重要なのでしょう。

 最近、私は寝坊がちで、朝のICUの回診もなおざりになっています。何とかリズムを戻して顔だけでも出したいと思っています。さもないとベテランスタッフから「お久しぶりぶり先生」と再びいわれることになりそうです。

 熱すぎるときは必殺おやじギャグで自己冷却している麻酔科医 平田学 

mh5963ya at 22:04│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ほっこりする場所光はこだまより早く、のぞみは光より輝かしい