2014年11月

2014年11月05日

総喝

 夏休みは2学会参加とその準備であっという間に終わってしまい、周りからはもったいないといわれることもありました。しかし私にとっては、非常に有意義だったと思います。というのは救急医学会で学んだことと、臨床麻酔学会で学んだことがリンクしているように思えたからです。臨床麻酔学会のコピーはdiversityでしたが、私にとってはintegrationでした。両学会で得たものを総括し、今後の自己研鑽あるいは教育に活かして行かなければなりません。
 

 まず救急医学会で私が興味を持って聴いたのはアラーミンについて。その代表格はHMGB1だそうですが、こいつらはいつも悪玉として働いている訳ではないそうです。HMGB1は局所では止血や修復に関わっているそうです。ただ全身性に流出しまうと、MODSをひきおこすメディエータとなってしまうとのこと。言ってみれば諸刃の刃、あるいはジキルとハイドでしょうか。全身性の炎症を強引に抑えにかかれば、局所修復が遷延し、炎症が再燃する。また局所を優先した治療を行った場合、その治療環境を局所にとどめ得なければ、全身性にメディエータの流出をきたしてしまう。拮抗薬を開発しても単純に病態が制御できるわけではないことが想像できます。正と負のバランスを保ちながら両者を失効させてゆくような治療が理にかなっているのかもしれません。専門家ではもちろんないので、わかりませんが、炎症性および抗炎症性メディエータ双方とも除去できるような方法、私には血液浄化法しか思い着きませんが、が有効であってほしいと思います。

 ではなぜ局所にとどまっていればいいことをするものを、血中に流出させてしまうものは何なのでしょう。血管の最内層には内皮がある訳ですから、単純に考えれば内皮障害だと思います。血管内皮障害をきたす原因は何でしょう?感染?スーパーオキサイド?数えきれません。あたりまえですが、血管内皮障害を可及的早期に抑えることが肝なのでしょう。

 

 臨床麻酔科学会で印象に残ったのは上園先生のお話。ものすごく分かりやすい説明で、聴くだけで、GDTの何たるかが半分以上わかってしまいそう(少なくとも分かった気になってしまいます)です。強調されておられたのは、GDTの本質は安全にドライサイドにする輸液管理方法だとのことでした。そしてwetを避ける理由は過剰な輸液負荷は血管内皮の損傷をもたらす可能性があるからですという様な内容をお話しになったとき、あれここにも内皮障害が関係するのかと思いました。Restrictiveな輸液管理をするためにはその内容が重要となると思われますが、もしこれに膠質さらにHESを用いれば、全体に輸液過剰による内皮障害の抑制に役立つばかりでなく、HES自体のグリコカリックスに対する保護効果を中心とした内皮保護作用をも期待できるかもしれません。手術侵襲によりもたらされる生体反応は状況によってはsepsisと同じような病態となる可能性があると思われますが、この増悪にはもちろん血管内皮障害が関与していると思います。となれば、それを回避できる可能性のあるGDTを積極的に取り入れることにより、短期というよりは、中長期の予後を改善できる可能性があるのではないかと思えます。

この血管内皮保護という点において、救急医学会で得た知識と臨床麻酔科学会で得た知識がリンクしたように思えました。

 

GDTがうまくいった後の血管内皮を観察すると、グリコカリックスの障害は非GDT症例に比べやはり少ないのでしょうか?興味は尽きませんので、情報の収集にあたりたいと思います。

                       平田学



mh5963ya at 10:07|PermalinkComments(0)

2014年11月03日

delsol di anestesia

 東京に来たらやはりここに行かなければおさまりが付きません。
vcm_s_kf_representative_640x480

 築地です。本日は市場自体は休みですが、行ってみました。天王洲アイルからはモノレール、浜松町
(大門)乗り換えだけで、築地市場に着きます。よく考えれば、天王洲はアクセスのよい所お台場方面へは、臨海線へ、地下鉄にアクセスしたければ、浜松町まで出てしまえば、苦労はしない。また空港を利用したければ、モノレールで羽田へ。

 

 学会連荘で、あまり羽振りのよくない私はですが、寿司の目当てはまぐろ。いつも寿司ざんまいに行きます。本店は失礼ながら他店よりネタが新鮮のような気がします。通常はまぐろざんまいからオーダーします。この日も同様。但し食べていくうち米には米の原則通り、ビールから日本酒に突入します。

寿司飯はもちろん熱くないので、基本冷やで頼みます。7,8貫食べると次が欲しくなります。上アナゴです。そしてヤリイカが食べたかったのですが、この日は入荷がないとのことで、目についたウニといくらをオーダーしました。日本酒がなくなりかけるといよいよしめです。まぐろざんまいについてくるアオサの味噌汁をすすりながら、玉で日本酒を飲み干します。今日はこれでおさまりましたが、もう一合飲みたければ、カツオの握りに烏賊のしおからでしょうか。
 

おみやの赤身を店外で買ったあと(夜はネギ間鍋でもしようか?)、酔いさましのため、歩いて東京駅へ。銀座を歩いているときにトイレに行きたくなり、カフェに入りました。じつはカフェでだけではなく、イタリアンワインバーでした。Del soleというお店です。

vcm_s_kf_representative_640x480
 大好きな泡、フェラーリがおいてありました。まずいっぱい。なかなかリーズナブルな値段です。見つけてしまいました。
10/30にヌベッロが解禁であったことを。トスカナ産をtry、まろやかです。安い○○ヌーボーにありがちな薄っぺらさはありません。白のヌッベロも試してみましたが、フルーティーでなんぼでもいけそう。ああ寿司三昧にこのフェラーリがあれば、もっと楽しめたのに。
vcm_s_kf_representative_640x480
 結局白のヌッベロもいただきました。
 また銀座には面白い表示もあります。
vcm_s_kf_representative_640x480
 

 もうこれくらいにしないとお金が尽きるので帰洛します。4日しかいませんでしたが魔性の都市といったところでしょうか。


                           平田学 



mh5963ya at 15:37|PermalinkComments(0)

2014年11月02日

I'll...

  F先生の発表も無事終わり、発表者二人は帰洛してゆきました。私は一足さきに本日の宿泊ホテルへ。天王洲です。歩いてもいけない距離ではありませんでしたが、モノレールに乗りたくって浜松町へ。
 vcm_s_kf_representative_640x480
  おっさんには全く似つかわない場所です。
  一応6時の懇親会にはでました。角打ち状態でした。ただし角打ちというのは本来”升”の角をさすのであって、
日本酒を立ってたしなむ姿であり、グラスを持った立ち飲みは本来は角打ちといえないのでしょう。
 そして品川駅へ。東京の思い出に京急2100系のドレミファインバータを聴きにいくつもりでした。しかしそこで私は昔懐かしいあの真っ赤な電車に遭遇してしまいました。古き良き羽田空港を思い出させる、JALバックを持ってハワイに行ったあの羽田です。
 全然違います。左右のapproaching runwayに着陸しようと5機が進入中。離陸中が2機。こんな管制ありですかーという感じ。それも16L(0が真北そこから時計回りに形成される角度に向かって滑走路が延伸していることを示しますが、数字はそれを0.1倍しています。すなわち16は160°)から離陸してゆく航空機は北行する機と考えられますが、着陸進入を妨げぬよう、急上昇、左急旋回をしてゆきます。これはパイロットも気を使うのではないでしょうか?伊丹も32Lから離陸する北あるいは東向き便は上昇後、左旋回して同着陸進入路を横断しますが、羽田とは頻度とクロスするまでの時間が違いすぎるように思えました。騒音対策にも気をつかわれてるみたいです。例えば羽田の深夜便は離陸後、上昇しながら東京湾内で1.5周から2周のサークリングを行い市街地への騒音をできるだけ抑えるようにしているケースもあるように思います(flight radar24で確認可能です)。
vcm_s_kf_representative_640x480
vcm_s_kf_representative_640x480

 本当に私のようなガキの心のまま大人になったおっさんにとっては、羽田は熱いところとしか言いようがない。
vcm_s_kf_representative_640x480
なんと羽田にはAir Lawsonができていました。
vcm_s_kf_representative_640x480
 モノレールで帰ってきました。ちっこいローソクみたいなのは東京タワー?
vcm_s_kf_representative_640x480
 もはやこれはおっさんには不要でしょう。どちらかと言えば必要なのは
vcm_s_kf_representative_640x480
vcm_s_kf_representative_640x480
  こいつらです。少しヘビーでしたが、完食です。

                           平田学











 

mh5963ya at 23:36|PermalinkComments(0)

2014年11月01日

トマトはヘルシーなはずよね

 
 第一日目の学会終了後、F君と私は新橋の居酒屋"晴"さんで2人だけの検討会を開催。F 君は私の妙に熱い"passion"を男気に感じて、入ってくれた教え子。率直に現時点での問題点を含めた意見をいってくれました。 私は彼のことを私が引き入れた愛弟子とおもっていますので、素直に聴いていきたいと思っています。もちろん他の医局員の意見も同様です。
 洒落乙な居酒屋でした。おっさん2人(F君をおっさん呼ばわりするのはわるいが) には似つかわしくありませんが、気分上々で、昨日程ではありませんが、のみました。後半でF君、"先生、しめはラーメンいかはるんですか?"と元大阪人にしては丁寧な疑問文。"あたり前田の加賀百万石"と切り返す私に"先生、ラーメン単品でかんべんしてください"と。実は以前に彼と夏場 だったと思いますが、ビアガーデンでしこたまジョッキビールをたいらげたあと、蔵々(七条付近にある日本酒居酒屋)で散々日本酒をやり、しめにラーメンに行ったとき、かれの分を含め、ラーメン+餃子2人分+空揚げを各一つずつ頼みました。それが食えなかったことが、人生最大の無念であると。なぜならかれはラグビー部で、食う量に関しては、腹の出たおっさんに負けるきがしなかったのでしょう。
 今日は帰ってから食べるからいいよとお断り申し上げました。
 ラーメンはヘルシーな太陽のトマト麺。 
vcm_s_kf_representative_640x480
僕はもちろんチーズ入り、そして一口食べると 
vcm_s_kf_representative_640x480
すすっておるうちに、これ米とあわせたらベストと考えていると。後のせバシルリゾット発見。熱ーい!
vcm_s_kf_representative_640x480
 これはアカン、禁断の汁濁めしや。出前一丁にご飯入れるのとはレベルが違いすぎる。
卵かけごはんの清純さと対極です。でもうまーい!そして私の肝臓はさらにhigh echoicになってゆくのでした。


 本日K先生の発表セッションの最後に、その発表に関連して、T大学の先生から周産期心筋症と判明していたと仮定して、麻酔法はどうすべきかという質問がありました。その時点では、軽症例では軽症DCMの麻酔管理と同様、前後負荷を軽減する目的で、区域麻酔を選択することが多いのではないかと安易にお答えしてしまいました。確かにそのような選択肢もありますが、術中に急速に増悪する可能性があることを考えると、全身麻酔が無難である可能性もあります。K先生の発表では、気管挿管時の後負荷の増大が悪影響を及ぼす可能性があることを指摘していましたが、これは、挿管前の咽頭、喉頭への局麻薬散布(表面麻酔)により、かなり軽減できると考えます。従って、全体的には全身麻酔管理に分がありそうだと考えます。

                                       平田学

                                         
 

mh5963ya at 23:52|PermalinkComments(0)

 それを考えると夜も眠れないの。

 
  やはりできるはんなり研修医だった。K先生、発表は初めてだというのに、全くかまずにしゃべりました。

BlogPaint

    K先生はすっきり、しかし私はモヤっと!
  品川へは京急できましたが、昔は地上駅だった京急蒲田駅が高架駅になっている。それもへんな高架。
どうやって空港線に入るのかそれを考えると夜もねられそうにないので、昼間のうちに快特に乗って観察してみました。が、やっぱり理解できない。
京急蒲田
  この図でやっと理解できました。川崎から来た列車は空港線に入るためには2階の4番線へ。ここから空港方面へ。品川から来た列車は3階の1番線に入り空港方面へ。両方とも下り方面列車であるが、違う単線を通る形になる。また空港から品川へ向かう列車は2階の4番線へ、川崎へ と向かう列車は3階の1番線にはいる。すなわち本線から空港線への移行部分は平行2単線(上下線列車とも走る)配置で行われているということか! 
大和西大寺駅も全くかなわない複雑さです。 

  明日はF先生の発表。先輩らしく後輩の前でビシッと決めて貫禄を見せてください。 あとシンポは敗血症に関するものがありましたので、楽しみに聴きたいと思います。

 昨日は近くの"信夫路"さんというお店にいってみました。残念ながらデジカメを忘れたので、画像はありませんが、串もおでんもうまい上に私のすきな獺祭や浦霞もありました。お勧めの山陰の日本酒は杜氏名を明記しており、その自信さながらの味でした。 ちょっと飲み過ぎ!

 本日はF先生の発表前祝いに新橋の居酒屋でいっぱい(too muchではありません)いきたい と思います。


                                          平田学 
 









 

mh5963ya at 15:34|PermalinkComments(0)