lemon tee如月半ばに思うこと

2014年02月09日

 さぼりすぎ

最近さぼり癖がついております。遅くなりましたが(2日遅れで)、今週の抄読会は専攻医M先生によるLong-Term Cognitive Impairment after Critical Illness. NEJ,3,2013 ICU入室患者のせん妄と神経学的な中、長期予後について。BRAIN-ICU研究。ザックリとICU入室中患者をCAMICUを用いて評価。せん妄患者においてその後の3か月、12か月後の実行機能、認知機能をRBANS等で評価した。結果的には術前併存症や年齢は中、長期的な神経予後に影響はなく、ICU入室中のせん妄期間が神経予後に関連していたという。鎮静に用いていた薬剤の種類にも関係なかったと。もちろん神経予後が違えば、トータル予後にも関わることが考えられる。術後の患者についてはどうか?併存症や年齢は関わりそうであるし、麻酔法に左右される可能性はないだろうか?1か月死亡率や入院期間についての検討はどこかで聞いたことがあるが、長期予後、より大事な長期ADLについてはどうか?揮発性麻酔薬による違いはどうか?セボフルランとデスフルランで差はないか?ロクロニウムとスガマデックスの出現で変わってきていないか?(高齢者において術後の遷延性筋弛緩が予後を悪くしていた可能性がなかったか)等につき興味深く思っています。

 

予想通り東京は大雪になってしまいました。今年の寒気の強さからすると2月の終わりから3月の中旬にかけても同様なケースを生じる可能性が高いのではないでしょうか?

先週京都では主に3回の降雪がありました。火曜日は冬型による降雪。寒気に伴う雪雲の発達は悪かったため、積雪までにはいたりませんでした。木曜の朝は小雪。これも積もるほでではありませんでしたが、数時間程続いたように思います。このメカニズムは冬型解消に近づき、風向きが北よりになるため、若狭湾からの雪雲が北から侵入しやすくなることによる、北高型。京都市内でも弱い雪が降ることがあります。そして金曜日、京都市内では2cmの積雪。ただ山側にある自宅周辺ではさらに多く、道路も真っ白でした。これは南岸低気圧型。京都ではこの3つの降雪パターン(JPCZに伴う雪雲が流れ込む、北高型、南岸低気圧型)があるように思えます。本日も北高型へ。気温が高いので雪の可能性は低いですが、しぐれそうです。

 

TEEの勉強会については継続性を考え、biweeklyに週内固定でしていきたいと考えています。できれば自分を含め、初心者でも印象に残るような内容にしたい。自分自身の勉強にもなるので、可能な限りわかりやすい資料を作りたいと思っています。

 

                       平田 学



mh5963ya at 09:44│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
lemon tee如月半ばに思うこと